« 梯子 | トップページ | 信頼 »

2009年6月12日 (金)

賛否

情報源がこれぐらいしかないのですが…

ニュース、ネットでよく見てます。

ま、ほとんどが流し読みで、詳しい内容まで踏み込むことは希、ですが、、、

専門の科学ネタ、時事通信より。

「かぐや」、月面に落下=貴重なデータや映像残し-観測1年半、使命終え・宇宙機構
6月11日6時7分配信

 宇宙航空研究開発機構は11日、予定の観測期間を終えた月探査機「かぐや」を、同日午前3時25分、月面に落下させたと発表した。米アポロ計画以来の本格的月探査機として約1年半に及ぶ観測を行ったかぐやは、数々の貴重な観測データや月からの美しい映像を届け、その任務を終えた。
 宇宙機構によると、かぐやが落下したのは、月の表側(地球に向いた面)で、南極に近い南緯65度、東経80度のギルクレーター付近。午前2時36分、月の北極付近を通過中に最後のエンジン噴射を行い、ほぼ狙い通りの場所に落下させた。落下時のスピードは秒速約1.6キロで、落ちた場所には直径5~10 メートルの小さなクレーターが出来たとみられる。国立天文台などが望遠鏡を向けており、落下時の閃光(せんこう)を観測できた可能性もある。
 かぐやは2007年9月、鹿児島・種子島宇宙センターからH2Aロケットで打ち上げ。10月に月周回軌道に入り、同年12月から通常観測を始めた。14 種の観測装置を搭載したかぐやは、月の上空約100キロを回る軌道から、各種の観測を実施。月全域の精密な3次元地形画像の作成や地下構造の探査など、月の起源の解明や将来の有人月探査につながる科学的データを多数取得した。またハイビジョンカメラで撮影された美しい月面や「満地球の出」などの映像が届けられ、社会一般にも月への科学的興味をかき立てた。

最近はこういった記事にコメントが出来るシステムになったようで、時々そんなコメントにも目を通したりすることもあります。そう思う、思わない、なんてことも入力できたりするのも面白いシステムです。

で、この記事のコメントに

月に落下させるしか方法がないのは残念です。月の地形などが人工的要素で変わるし、更にはかぐや姫の聖地に宇宙ゴミがあるなんて許せません。手付かずの月を見るのはもう終わったのですね。何かが変わった気がします。

というものがありました。月に落下させるしか方法がない、なんてことはもちろん無く、それはそれで意味があるのですが、それはさておき、このコメントへのそう思う、思わないの入力数が、他のコメントに比べて圧倒的に多い。

調べた時点で、そう思う3303点、そう思わない4358点、なんで“点”なんだ?

他のコメントは概ねどちらかが1000点台、もう一方は10~100点台なんだけどね。

こういったネタにこれだけ興味を持つ人がいるということそのものが興味深いばかりか、批判的なそのコメントに賛成意見がこれだけある、というのも興味深い。

まあ、ネットの情報を何処まで信用するか、といった側面もあるのですが、データとしてみるには面白い話なのかもしれませんね。

国民の関心は西松問題…、なんて思っている方も、こういったコメント見ると良いんじゃないかと思うのですが、どうなんやろ、とか想う今日この頃。。。

|

« 梯子 | トップページ | 信頼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梯子 | トップページ | 信頼 »