« 春分 | トップページ | 漢検 »

2009年3月25日 (水)

一朗

この人の話の喩え方、面白いですよね。

WBC、なんだかんだ言われながら、優勝しちゃいましたね。

サッカー関係者からすると、すごく悔しい、でも、すご~~~く羨ましい結果ですよ。

千両役者、やっぱいるんですよ、ドラマでも有り得ないようなシーンが廻ってくる、そしてそれを最も“らしく”決める、そんなもんです。もし調子が悪くなければ、きっと、敬遠されていたでしょうからね。ランナーを貯めたくないという心理との微妙なバランスの産物。

中継では、画面に向かってボールが飛んで来るという最高の角度で映像が流れたらしいですね。そんなところにも千両役者たる所以が感じられたりします。

でもとりあえず、イロイロありましたが、良かったですね、監督は。

で、全国総祝賀ムード一色、と思いきや、そうでない方々も、一部、いらっしゃったみたいですね。

某芸人のコトじゃないですよw

自称、“政界のイチロー”こと、一郎さんです。

結局、お辞めにはならないとのこと。

ま、辞めろ、とまでは申しませんが、その判断は、ありやなしや?

国民は、恐らく与党のことは既に見限っていると思うのですが、次に政権を預けるトコロもあらず、と思ってしまうんではないですかね。

まあ、同じ穴の“狢”同士で足の引っ張り合いをするのは構わないけれど、そういった行動の総てが国民に不利益を被らせていることを自覚して、次の選挙の時には「国益」とか「国民のための…」とかだけは言わないで欲しいなぁ。

一文字違いでも、大きな違い、ということですか、、、はぁ…

それにしても、ホント、すごく良い投手なったなぁ、杉内。もっともっとクローズアップしてあげてください。

|

« 春分 | トップページ | 漢検 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春分 | トップページ | 漢検 »