« 大寒 | トップページ | 雑誌 »

2009年1月26日 (月)

受験

61年前の今日のことです。

東京都豊島区の帝国銀行椎名町支店で事件は起きました。

日本犯罪史にその名を刻む、いわゆる『帝銀事件』です。

事件の概要その他諸々、語り尽くされたことですからここでその詳細は省きますが、様々な要素が複雑に絡まり合い、結局は真相には辿り着けなかったような気がします。

で、タイトルとは何ら関係ない話になってますが、その指摘は暫し待って戴くとして…

電車の向かいの席にて。

高校生が一人座っているその前に同級生らしい数名が乗車してくる。

話し声からどうやらその日は受験日らしい。

そうか、もうそんな時期か、などと考えていると、そのうちの一人、爆弾発言。

「受験票忘れたけど、電車乗り遅れると思って。無くてもなんとかなる…」

…ならんやろww

無いんはアカンやろ。受験票、そんなしっかりチェックされた記憶はないけど。

裏口入学はニュースとかにもなってたけど、替え玉受験なんて聞かへんからなぁ。

と、此処でもう一度、話は帝銀事件。

事件の概要その他諸々、語り尽くされたことですからここでその詳細は省きますが、やっぱ知りたい方もいらっしゃるかもしれません。

こちらのページをご覧下さい。

いろいろな事件のことが綴られてま…

…替え玉?

…受験事件?

…父親?

…津田塾???

…女装!!

刻既に受験戦争なる状況であったかは判りませんが、女子大を女装して替え玉ですか、、、

まあ、学歴社会ですから、少しでも、無理してでも、良い大学を、となりますからね。受験生本人よりも親が必死になってしまう気も判らないではないです。

実際、学歴、関係ないと云えばないのかもしれませんが、それは“実力”ある方々の言い分な気がしますからね。

結局、受験票を忘れた受験生、友人たちの勧めで受験票を親に届けてもらうため途中下車と相成ったわけですが、そんな彼らに幸あらんこと祈るばかりです。

でもこの車中で一番印象的やったのは、最初に座っていた高校生が乗ってきた時からチラチラと彼に視線を送っていた女子高生の輝く瞳だったり。

青春ですなぁ。

そんな時代、、、あったか???

|

« 大寒 | トップページ | 雑誌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大寒 | トップページ | 雑誌 »