« 伝統 | トップページ | 割合 »

2008年9月 4日 (木)

感想

今週は早く帰宅することが多かったので…

ハッキリ言って、時間持て余してましたw

いつもは時間無くててんやわんやなのに、なんでこういう時に限って、何かする気力湧いてこんのやろ。

で、テレビをボンヤリと眺めていると、某国営放送で“コピペ”、コピー&ペーストについてやってました。

まあ、イロイロあんのやろな、とは思いますが、ひとつだけ、なんでやねん、という話。

あるフリーライター、子供たちの夏休みの読書感想文がお気に召さないようで、自身のHPにそのままコピペして使える読書感想文をアップしているんだとか。理由は、苦労して悩みながら感想文を書く無駄(とまでは言わないがとは一応付け加えていたが)な時間をもっと有意義に使って欲しいから、だとか。

反応は上々で、子供たちから「助かった!」とか、「神!」とか言われてるようで、本人もご満悦のようです。

読書感想文、書くの大変ですか?思ったことをそのまま書いたらええねんけど。何かあかん?

そもそも子供が少し長めの本を読むのは(恐らく)大変です。だから時間のある夏休みにやっているのでは?夏休みは時間の使い方を学ぶ時間であり、感想文は自分の感じたこと、思ったことを、文章として組み立てることを学ぶ機会なワケで、いずれも教育の一環です。その点、このライターの行為は教育の妨げになっている気がします。

“読書感想文のために悩み苦しむ”なんて、夏休み中ずっと悩んだりせんよ、そういう子供は(経験者は語る)。最後の数日くらい、苦しむことも必要。

休み中はほとんどサッカーの練習や試合、遠征でまともに休んだことなんてなかっただけに、遊んだりする自由な時間が少しでもあるだけで、うらやましく感じるけどね。宿題や感想文、出来た例しがないww

まあ、それにしても、まさか“物書き”を生業とする人が否定するとは、意外な感じです。若い人との会話を振り返ると、「ゆとり教育」どころか、無理矢理にでも本、読ませたりせなアカン気がしますけどね。

いずれも、本を読むことが苦にならないという視点からの戯れ言ですか。。。

|

« 伝統 | トップページ | 割合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伝統 | トップページ | 割合 »