« 監督 | トップページ | 感想 »

2008年9月 1日 (月)

伝統

『伝統の一戦』とよくいいますが…

阪神対巨人戦、そのように言われますね。

でも、わりと短くもない記憶を辿ってみると…

そんなんかなぁ~~~ww

って気がします。

どちらかというと、鷹と獅子の対戦の方がそんな気がします。

西鉄や南海と言われていた時代も優勝を争い鎬を削る間柄でした。

確かに、どちらのチームも落ち込んだ時期があり、紆余曲折どころか球団売却・ホーム移転までをも経験しています。それぞれの元ホーム球場はもう存在すらしません。

が、週末の三連戦、三試合いずれも譲らない、どの試合もプロらしい良い試合でした。

史上初らしいですね、同一カード三戦連続引き分け。

どうも最近は伝統の一戦とか言われても、相手が大味なうえに、ダメ虎化進行中なだけに面白味が感じられなかったので、1試合分多くプレーし、尚且つ決着のつかない、緊張感溢れる時間、堪能しました。

やっぱ、見るのなら“パ”な気がします。なんでかわからんけどw

さらに一言、なんだかんだ、今年一番安定した成績を挙げているのは埼玉西武ですね。もしこのまま優勝→日本一になったら…

WBCは監督経験1年(まあ下でやってはいるのだけれど)の青年監督に委ねられることになるのかなぁ???

|

« 監督 | トップページ | 感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 監督 | トップページ | 感想 »