« 分析 | トップページ | 広告 »

2008年7月27日 (日)

灼熱

まさにそんな表現がピッタリ!

今日は昼前からリーグ戦。

会場は湖畔の土グラウンド。前の試合を観ていると、モウモウと砂煙が上がる。

そして、灼熱の太陽、肌が焼けつくようだ。

暑い、というより、熱い…

そんな中、試合が始まる。

本来ならそんな暑さも忘れるほどの熱戦を期待したいところだが、あまりの暑さに試合どころか、両チーム試合前の時点で、一試合終わったかのような…ww

まあ、試合の結果はさておき(触れるなということですww)、今日は日中の気温は約35℃とか。体感からは、実際にはもう少し高かったかと思うほどでしたが。

それにしても、昔は30℃超えれば猛暑とか言われていたのに、近年は35℃超えも珍しくない。間違いなく、夏は熱くなってますね。湿度も高くなっている希ガス。日陰にいても風がないと涼しく感じなくなりました。そんなんやったかな?地球温暖化とか、そういう話はもっと様々な角度から見ないと語れない話なので、ココで云々語るつもりはないですが。

それよりも、こんな気温の中、サッカーの試合なんかやっているのが疑問。間違いなく、身体には悪そう。試合中、給水タイムなんて取ってますが(それ自体は良いことデス)、試合時間を早朝orナイターにするとか、もっと対策をした方が良くねくね?とか思う次第でありんす。

とりあえず、日焼けして身体があちこちイタイので、日焼け止めを買っておいた方が良さそうです、ハイ。

次は…、あっ、来週ですか、、、またですか、、、しかも芝グラウンドですか、、、照り返しきつそうですね、、、

雨、降んないかなww

|

« 分析 | トップページ | 広告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 分析 | トップページ | 広告 »