« 観客 | トップページ | 価格 »

2008年6月26日 (木)

勝敗

昨日の記事を考えている時に気がつきました。

サッカーには勝敗を決する際に面白いルールがあるぢゃないですか。

「アグリゲートスコア」と「アウェーゴール」です。

サッカーのトーナメント大会ではホーム&アウェイで試合を行い、2試合の結果で勝敗を決します。

が、2試合なので、どちらかが2勝、または1勝1分となれば問題ありませんが、1勝1敗、または2引き分けとなると、勝敗が決しません。

こんなケース、日本では、延長戦やってそれでも決まらなければPK戦、となりますが、世界では、ここで「アグリゲートスコア」の登場となります。2試合のスコアを合計して勝敗を決めるのです。ただ、1勝1敗の場合はこれで決まるケースもありますが、それでも同点、となることも珍しくありません。そこで今度は「アウェーゴール」の登場です。それぞれのチームのアウェーでの試合の得点をアグリゲートスコアに加えるのです。

それでも決まらない場合は最後の手段、PK戦となります。が、PK戦なんてほぼ100%「運」ですので、ギャンブルではあるまいし…と思っているかは定かではないですが、なんとかその手前で試合を決するために、2試合目の最後は非常にスリリングな展開になることも多く、試合内容にまで好影響を与えるルールになっています。

すごいルールですが、いったい誰が考えたんですかね?

大会方式やルールも考え方次第でそのスポーツの魅力を大きく左右します。「アグリゲートスコア」や「アウェーゴール」なんかはそのヒントを明示しているのではないですかね?是非来年の交流戦は新しいルールで…

って、来年の交流戦も優勝争いに加われるかどうかなんて、よく考えたら全くの未知数ですやんww

|

« 観客 | トップページ | 価格 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 観客 | トップページ | 価格 »