« 書体 | トップページ | 小説 »

2008年3月 9日 (日)

終焉

とうとう最終巻の発刊となりました。

なんとなく色々な『想い』もあって、そういった感情のようなものも含めて”終焉”を迎えたような気がします。

もちろん、100話あるわけではないことはよくわかってました。その方がなんとなく粋な気がしますしね。最終話は元々あのような内容に決めておったんかな?

1話完結の漫画ですから、長編のように細かな描写を何話にも分けて詳細に描いてあるわけではありませんが、とてもたくさんの人間模様を見た気がします。

それにしても…

これは同性の視点だからでしょうか?オトコってホンマ、アホやなぁ、と。

そして異性だからそう思うのでしょうか?オンナって偉大だなぁ、と。

まあ、この漫画は終わってしまったワケですが、だからといって特別に何かが変わるわけでもなく、これからも気楽にのんびりと楽しんで行こか、と。。。

Book 百人遊女 6 (6) (SPコミックス)

著者:坂辺 周一
販売元:リイド社

|

« 書体 | トップページ | 小説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 書体 | トップページ | 小説 »