« 終焉 | トップページ | 球春 »

2008年3月11日 (火)

小説

今から190年も昔の話。

1818年の今日、小説『Frankenstein: or The Modern Prometheus』が出版されました。著者はイングランド人のメアリー・シェリーですが、当時は匿名としていたそうです。現在も出回っているものは、1831年に改訂された第三版とのこと。

ちなみにフランケンシュタインとは主人公として登場するドイツ人科学者ヴィクター・フランケンシュタインのことで、人造人間は「creature(創造物)」と呼ばれているとのことですが、そんな話は聞いたことはなく、後世の人々の扱いは残念ながらモンスターの代名詞。事実が歪めら…そんなたいしたことではないか?ww

それにしても、著者が女流ホラー作家とは知りませんでしたね。

というか、そもそも読んだことないんですけどね(興味は湧いてきましたが)…

で、なんでこんな話になっているかというと、(後ろの)壁に掛けてあるカレンダーに載っていたので、チト興味が湧いて調べてみたまでです。ちなみに昨日(3/10)は、アレクザンダー・グラハム・ベルが電話の実験に成功、世界で初めて電話口から流れてきた言葉は"Mr. Watson! Come here; I want you!"だったそうで。1876年のお話。

どうでもいい話ですが、前の壁にはセザンヌのカレンダー(自分用)、横の壁にはナンとかという商社のカレンダー、でその逆側には…って、この部屋どんだけカレンダー貼っとんねんww

|

« 終焉 | トップページ | 球春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 終焉 | トップページ | 球春 »