« 雪景 | トップページ | 錯覚 »

2008年1月28日 (月)

結露

まだまだ寒い日が続きます。

窓が結露しているのを見るだけでも気分が悪くなるくらい寒さには弱いのですが、雪深い国々ではそんなものでは済まないそうです。

最近はどうなのか知りませんが、以前は…

室内を暖房し湿度を上げると窓が結露します。まあ、ココまでは何処でも同じでしょう。雪国のスゴイところは、その結露した水分が窓越しに伝わる冷気で凍るのです。それでも室内の温度を保つために暖房し湿度を維持します。すると、結露して凍った窓がさらに結露します。そしてその水分もまた凍るのです。それが長時間延々と続くのですから、窓の内側がバッチリと氷に覆われてしまうワケです。

最近は防寒の技術も進歩し、家も緻密に造られ気密性も高いのでそんなことはないのではないかとも思いますが、一昔前は結構当たり前だったみたいです。かまくらなんかをイメージすればよいのかな?と考えますが、やっぱ氷に囲まれて生活するなんてヤダな。想像するだけで寒々しい気がしてしまいます。

雪国は何処も雪が積もると家の二階にある玄関から出入りする、と思っていた南国育ちには「なんだそりゃ?」って感じたお話です。。。

あなおそろしや…

|

« 雪景 | トップページ | 錯覚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雪景 | トップページ | 錯覚 »